車は便利な乗り物でありますが、一歩間違えると危険な乗り物に変わりなます。
悲惨な事故が新聞を始め、テレビ等で報道されていますが、中々事故はゼロとはいかないものです。
交通事故はゼロが当たり前であって、1件でもあると、当の本人だけでなく、家族や、相手側の人生を不幸に落とします。
そうなら無い為には、車を運転する者・自転車に乗る者・歩行者がそれぞれ交通安全に気をつける必要があります。
事故に遭わない・事故に遭わせないためには、交通ルールを守ることは当然として、相手に対しての思いやりが必要になってきます。
特に車の運転は、運転者の心身の状態により左右されます。
心理面で、1)イライラしている時、2)焦っている時、3)思い悩んでいる時の運転は要注意です。
最近の交通事故で顕著なことは、1)高齢者や子供が交通事故の被害者になるケースが多い、2)自転車事故が多い、従来自転車は被害者になるケースが多かったのですが、最近はマナーを守らない自転車が増えてきており、加害者になるケースが目立っております。3)歩きながらのスマートホーンの問題が社会問題になっておりますが、運転しながらのスマートホーンをかけることはは、脇見運転になりますので、重大な事故に直結します。
高齢者や子供に対しては、温かい思いやりの運転を、マナーを守らない自転車や車両に対しては、イライラしない訓練が必要です。