違反運転をなくすことが安全運転への近道

自動車を運転する際には、交通ルールを守って運転することが、ドライバーに課された最低限の義務です。交通ルールとは、道路を通行する自動車や歩行者等が、安全にそして安心して道路を通行することができるように定められた規則なのです。
例えば、信号は赤ならば止まれで、青ならば進んでも良いという意味ですが、この意味を大人から子供まで、歩行者も運転者も知っていて、その意味するところを順守することによって、交差点や横断歩道などの安全は確保されているのです。また、速度規制は最もよく破られる交通ルールの一つですが、その規制された速度を守ることによって、自動車を運転している自分も事故に遭いにくくなりますし、同じ道路を通っている他の自動車や、歩行者等も安全に通行することができるのです。どうしてかと言うと、その道路の道幅や見通し、交通量や歩道の有無などを考慮して速度規制は設定されているので、その規制速度を遵守していれば、その道路を安全に走行することができることができるようになっているのです。即ち、交通ルールを守ることは、誰もが安全に道路を通行するための基礎なのです。従って、違反運転をなくすことが、安全運転への近道となります。