高速道路走行中に守りたいこと

高速道路とは、自動車専用の道路であり、交差点を無くすことで、高速走行が可能となりました。
一般道路の渋滞を緩和と、経済の活性化の為に建設をされました。
現在では幹線道路は、殆どがこういった道路で占められています。
走行中にの特徴は、80kmや100kmのスピードが出ますので、高速走行に慣れていない初心者にとっては、怖いといった印象がありますが、交差点のような障害物もありませんし、自動車以外は走行できませんので、マナーを守ることで一般道路以上に安全走行が可能になります。
しかしながら、高速で運転するのですから、ドライバーの不注意が大事故に繋がってしまいます。
快適で安全な走行を目指す為に、心がけなければならないことがあります。
1)制限速度内の安全な速度で運転を、流れに乗った運転が必要であるといわれますが、前の車両につられてスピードを出し過ぎに注意をして下さい。2)前者との十分な車間距離、スピードが出ているので、充分な車間距離が必要です。3)割り込みはしない、無理な割り込みは後続車と追突される危険性があります。大型トラックや大量の荷物を搭載した車両の後続につくのは避けたいものです。4)脇見運転はしない、5)追い越し車線は追い越しをする車の為に開けておきます。6)渋滞後尾ではハザードランプで後続車で合図をする必要がありますが、何よりも出発前に点検・整備が必要です。