交通マナーを守ることが安全な運転に繋がる

自動車運転で最も大事なことは安全運転です。
そのために信号確認、予測運転、歩行者注意など色々な注意が必要です。
そうした中で、特に心配しているのが電車の踏切と街中の横断歩道での運転です。
電車の踏切では、必ず電車が通過する前に警告音が鳴り響き、信号の赤ランプが点灯するようになっています。時たまですが、遮断の棒がさがりはじめているのもかかわらず、踏切を通過しようとする車を見かけますが、言語道断です。電車の踏切では、どんな事情があろうとも、警告音が鳴ったら停車です。踏切を渡るときは、窓ガラスを開け、音と状況を確認するよう、自動車教習上で教えられたはずですが、慣れてしますと守らない人が出てきてしまいます。
教習上の教えといえば、街中の横断歩道で人が立っていたら、一旦停車するのが交通マナーとして教えられたはずです。ルールといった方がいいかもしれません。ですが、この横断歩道での一旦停止は無視するドライバーが圧倒的に多くなっています。
歩行者が自分の身を守るために自動車が止まらない限り渡らない習慣になっているからです。
でも、これはドライバー側が正さないといけないことなのです。自動車優先ではなく、歩行者優先だからです。
どうせ渡らないだろうという予測のもとで、運転を続けているといつか悲惨な目に合うことになりかねません。
マナーの語源が「思いやり」ということを承知すれば、正せるはずです。