自動車を運転する時に守りたいこと

車を運転する時に注意しなければならないルールがあります。
それは安全運転を心がけることと、相手に対しての思いやりを持った運転を心がけることです。
車は便利な乗り物でありますが、自分自身だけでなく、相手の人生をも狂わせる乗り物であるということを知っていただきたいのです。
安全運転で、議論になりますのは法定速度のことです。しかし、法定速度で運転していますと、後ろからあおられてしまいます。
法定速度を守らない人の言い分は、流れに沿った運転が安全運転であって、例え速度を守った運転をしても、流れに沿わない運転は危険運転でしかないと言われます。
確かに、流れに沿った運転は必要なのですが、違反をしたまま運転をしているのです。
そのような場合は、怒らず道を譲るように冷静になることが必要です。
自動車を運転する場合に、一番必要なことは、冷静になることです。
交通事故に遭いやすい場所としては、1)交差点、2)駐車場、3)車線変更児があります。
1)交差点では、左折する場合は歩行者は勿論、左側からバイクや自転車に注意する必要がありますし、右折する場合は対向車とその先の交差点への注意が必要になります。
2)駐車場では、死角になる部分が多い為に危険が増しますので、徐行運転を心がけます。
3)車線変更は、車間距離を取っている状態で指示器を出して車線変更をします。